Filter
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERADSC03161

Tokyo gubernatorial election

On the eve of Tokyo gubernatorial election, in a heaviest snowstorm in several decades, two former prime ministers have just made campaign speeches. Junichiro Koizumi advocated a concept of “nuclear-free country” and 2020 Olympic games without nuclear power. Morihiro Hosokawa said he announced his candidacy for the election to correct the absurdity of new energy policies of Abe cabinet that base nuclear power on national “essential” electricity supply.
To my subjective amazement, I certainly saw, in the audience, a face of top echelon of Abe administration. I mean that kind of disaffection from Abe and his LDP shall determine the outcome of the decisive final voting tomorrow.

Director of Photography

法人設立目前のこの頃、株式会社サイファーポイントにおいて、Director of Photography(ディレクター・オブ・フォトグラフィー)として働くことになりました。

Continue Reading →

作家性の放棄

芸術の「作家性」や「視点」の問題は、批評家に丸投げして良いものだと思います。写真に限らず、芸術家が大きな物語(Big Story)としての、唯一無二の「作家性」や「視点」を達成しようとしても、今や、その試みはことごとく破綻してしまうからです。(特に写真業では、その破綻が早めにやってきます)。2011年3月の震災では、無数の写真家が東北へ旅立ちましたが、はたして何人の写真家に「ワタシにしか撮れない写真」を撮ってきた自覚があるでしょうか。たとえばflickrには毎日数千枚の「アジアの路上」のスナップショットが上がってきますが、それらのアップロードから「独自の視点」を探す努力は、はたして報われるでしょうか。

Continue Reading →

IMPOSSIBLE’S Bizarre Strobe Workshop part.1

impossible_strobe

 

IMPOSSIBLE FILMは、扱いが難しいのだけど、光線が決まると非常に美しく、繊細な結像をする。写真の媒体としては最も生々しい感材のひとつだ。だから、ストロボで仕組まれた光線下では、撮影の難易度はむしろ下がる。良好な結果が保証される。
2月16日16:00、中目黒のIMPOSSIBLE TOKYOにて、SX-70とIMPOSSIBLE FILMとモノブロックストロボを組み合わせた撮影の実演が行われます。
プロの写真家にこそ参加していただきたいと思います。感材の選択肢が増えます。
私はMichelの通訳として加わります。お楽しみに。

 

Kenji Hirasawa

仕事の打ち合わせだった。
Kodakのエンジニアと写真家の間に生まれたベトナム系カナダ人が「カステラ食べる?おいしいヨ」と言うので渋谷・のんべい横丁に行った。カステラと酒の組み合わせにやや難を感じながら座敷に入ると、隣にKenji Hirasawaがいるので驚いた。
Continue Reading →

Participation in the A Day in the World Book

MXS-ADAY-2909 liten

One of my documentary photography has been selected by the
international selection panel of ADay.org for inclusion in the book A
Day in the World. Of over 100,000 photographs submitted from 165 countries, 1,000 have been selected by an international panel for this book – A Day In the World.

adaybook